はっか hacca

INFORMATION

2017-09-13

次回の下北ジャンボリーは、11月12日の日曜日に決定。今年最後、しかも日曜日のジャンボリーですので、是非、聴きに来て下さい。

2017-07-25

7月24日の440でのライブに来て頂いたお客様、有難うございました。全篇アコースティックなライブは初めてでしたが如何でしたでしょうか?次回のライブの予定が決まり次第アップいたします。

2017-06-23

6月の下北ジャンボリーに来て頂いたお客様、有難うございました。次回のライブは、7月24日(月)に下北沢440。珍しくアコースティックな演奏をする予定です。お楽しみに。

2017-05-04

ヒソミネで聴いて頂いた方、有難うございました。次回、6月6日(火)の下北ジャンボリーをお楽しみに。きっと楽しんで頂けるはずです。是非、遊びに来てください。

2017-04-20

4月30日(日)に大宮近くの宮原にあるライブハウス「ヒソミネ」で演奏します。はっかは、夜、8時30分からの演奏です。はっかの次回の「はっかの下北ジャンボリー」は、6月6日(火)です。出演バンドも決定。お楽しみに。

2017-03-30

はっかの次回の「はっかの下北ジャンボリー」は、6月6日(火)です。場所は、いつもの下北沢440です。お楽しみに。

2017-02-23

はっかの1月のライブ「はっかの下北ジャンボリー」、渋谷 gee-geに来て頂いた皆様、有難うございます。はっかの次回のライブは、3月15日(水)、新宿レッドクロス。はっかでは、初出演ですが、今、新宿で一番熱いライブハウスです。是非、おこしください。

2017-01-18

皆様、明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。はっかの1月のライブは、2本。まずは、恒例「はっかの下北ジャンボリー」は、いよいよ来週1月25日(水)、下北沢440で。2本目は、、1月31日(火)、渋谷 gee-geで演奏します。寒い1月ですが、はっかの音楽で、暖まりに来てください。

2016-11-30

、 第22回のはっかの下北ジャンボリーは、2017年1月25日(水)、下北沢440にて開催です。出演は、双六亭と惑星ドロップスに決定。是非、遊びに来てください。

2016-10-12

、 10月5日(水)「第21回 はっかの下北ジャンボリー」に来て頂いたお客様、出演者の皆様、440スタッフの皆様、有難うございました。次回のジャンボリーは来年1月25日(水)、440にて開催予定です。乞うご期待。

2016-08-24

、 10月5日(水)、下北沢440の「はっかの下北ジャンボリー」の出演者が決まりました。福岡史朗さんと無人島レコードです。どちらも。とても素晴らしい音楽を聴かせてくれくれます。是非、聴きに来て下さい。

2016-08-16

8月14日(日)、下北沢 BAR? CCOに来て頂いたお客様、どうも有難うございました。次回は、10月5日(水)の下北沢440の「はっかの下北ジャンボリー」、どうぞ、宜しくお願いいたします。

2016-07-20

次回のライブは、8月14日(日)、下北沢 BAR? CCOです。お盆休み中、日曜日の夜ですが、どうぞ、宜しくお願いいたします。

2016-06-30

6月22日(水の下北沢440に来て頂いたお客様、どうも有り難うございました。次回の440でのライブは、10月5日(水)です。どうぞ、宜しくお願いいたします。

2016-05-12

次回のライブは、6月22日(水)、いつもの下北沢440です。どうぞ、宜しくお願いいたします。

2016-03-30

3月22日(火)の下北沢440ライブでは、沢山のお客様に来て頂き、有難うございました。次の440でのライブは・6月に行う予定です。乞うご期待。

2016-03-17

ようやく暖かくなって行きそうですね。はっかの来週3月22日(火)のライブは、下北沢 440で、はっかは20:30くらいから、たっぷり1時間は演奏いたします。連休後でお忙しいとは思いますが、是非、遊びに来てください。

2016-02-16

春というより夏のような暑さのバレンタインズデーでしたね。さて、はっかの次のライブは、3月22日(火)、おなじみの下北沢 440です。お時間ありましたら、是非。

2016-01-27

関西ツアー、1月20日に磔磔(京都)、1月22日にKnave(大阪)に来て頂いた皆様、有難うございました。磔磔では、大雪で高速通行止めとなり東京から京都が16時間もかかってしまい、お客様、磔磔スタッフの皆さん、対バンの皆さんに大変ご迷惑をかけてしまい、申し訳ありません。それにもかかわらず、皆様、暖かく迎えてくださり、本当に有難うございました。はっかの次のライブは、2月14日(日)、三軒茶屋のライブ・バー Come Together です。お時間ありましたら、是非。

2016-01-06

皆様、明けましておめでとうございます。今年も、はっかをどうぞ宜しくお願いいたします。「もう春なんです」のMVを作ってみました。是非、覗いてみてください。次回のライブは、関西ツアー、1月20日に磔磔(京都)、1月22日にKnave(大阪)です。僕たちも楽しみにしていますので、関西地方の方、是非、聴きに来てください。

2015-12-09

12月3日に下北沢、モザイクに来て頂いたお客様、有難うございました。次回のライブは、2016年年明けの関西ツアー、1月20日に磔磔(京都)、1月22日にKnave(大阪)です。関西地方の方、是非、聴きに来てください。そして、今年も皆様に大変お世話になりました。2016年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2015-11-04

2016年1月、関西で演奏します。1月20日に磔磔(京都)、1月22日にKnave(大阪)。関西の方、是非、聴きに来てください。年内のライブは、12月3日に下北沢、モザイクです。

2015-09-26

9月25日のライブに来て頂いたお客様有難うございました。次のライブをお楽しみに。

2015-09-23

9月18日のジャンボリーに来て頂いたお客様、有難うございました。次のライブは、9月25日、三軒茶屋のCome Togetherでです。よろしくお願いいたします。

2015-08-01

次回のジャンボリーは、9月18日、下北沢モザイクです。新メンバーでの初ライブ、是非、遊びに来てください。

2015-06-15

6月10日の「はっかの下北ジャンボリー」に来て頂いたお客様、出演してくれたナカニシタカアキさん、hippie happy hatさん、440スタッフの皆さん、有難うございました。次回のはっかイベントは、下北沢モザイクで9月18日(金)に開催予定す。是非、よろしくお願いいたします。

2015-03-25

次回の「はっかの下北ジャンボリー」は、6月10日(水)に開催決定。場所は、いつもの下北沢440です。是非、よろしくお願いいたします。

2015-03-05

「ブルース&ソウル・レコーズ」の最新号(No.122)の日本人アーティストCDリヴュー・コーナーで、はっかのCDが取り上げられました。右をご覧ください。

2014-12-10

本日、12月10日(水)、はっかのファーストフルアルバム「はっか」が全国でリリース。タワーレコード、HMV, TSUTAYA。Amazonなどで、ご購入できますので、是非、よろしくお願いいたします。

2014-10-17

10月15日(水)、下北沢 MOSAICに来て頂いたお客様、モザイクのスタッフの皆様、有難うございました。皆様のおかげで、盛況のうちに終えることが出来ました。次のライブは、年末に予定しております。決まり次第、お知らせいたしますので、お楽しみに!

はっかは、70年代日本語のフォークロック(はっぴいえんど、シュガーベイブ、夕焼け楽団、等)の継承バンドです。€

ファーストアルバム「はっか」、ついに完成。ライブ会場にて先行発売中!ディスコグラフィーから試聴できます。また、12月10日から、タワーレコード、ディスクユニオン、HMV等のCD店、アマゾン、でも取り扱い開始決定。価格は、2160円(税込)です€。

2014年10月号のミュージック・マガジンの「りあるインディー盤紹介」のコーナーで、はっかのCDが取り上げられました。 「はっぴいえんどやシュガー・ベイブがスワンプ・ロックと溶け合ったかのようなコクのある骨太なCDだ。味わい深いギターと乾いたドラムなどの豊穣なサウンドも、さりげなく肯定的な歌詞に命を吹き込むまろやかで実直なヴォーカルも、絶妙のアレンジ・ワークでにぎやかに躍っているし踊ってもいる。兄弟自身が手掛けたレコーディングによる生き生きとした鮮やかな響きも特筆すべきで、触感にも気を使った二つ折り紙ジャケットに8ページのブックレットが封入された約41分10曲入り。」(ミュージック・マガジン 2014年10月号 行川和彦氏)

また、2015年4月号の「ブルース&ソウル・レコーズ」(No.122)の日本人アーティストCDリヴュー・コーナーで、はっかのCDが取り上げられました。以下です。 「東京下北沢を中心に活動する月豊(つきゆたか)とあきらの兄弟を中心とするバンドの1stアルバム。アメリカン・ルーツ・ミュージックに影響を受けた第3世代が奏でる21世紀の日本のスワンプ・ロック~シティー・ポップスだ。タイトル、言葉選び、アレンジ・・・・・、はっぴいえんど、シュガー・ベイブ、センチメンタル・シティー・ロマンス、夕焼け楽団等々、70年代を代表するバンドへのオマージュを包み隠さない。当時、その先人たちを夢中になって聴いていた身からすると、どうしても比較したくなってしまうが、そうした意地の悪い突っ込みを寄せ付けない芯の強さを感じる。焼き直しではなく、時代の気分を漂わせているところもいい。」 (ブルース&ソウル・レコーズ No.122 2015 妹尾みえ氏)